*

返せないと思ってた借金が

破産許可を受けた場合損(デメリット)が存在するかは、自己破産を検討した方々にとって確実に初めに得ておきたい説明でしょう。

自己破産者にもたらされる損失に関して並べ書きにしておきましょう。

・公共の破産者の一覧に掲載されます。

※正当な身分証明を交付するための文書であるから担当者以外は手に入れることができないし免責の許可が与えられれば消去されます。

・官報において公開される。

※普通の新聞とは異なり書籍店には扱われませんし、ほとんどの人々には縁もゆかりもないことだと思われます。

・公法の資格限定。

※自己破産宣告者になると司法書士、税理士などの有資格者は資格喪失になって仕事が許されなくなります。

・私法の資格制限。

※自己破産宣告者は連帯保証人、遺言実行者を請け負うことが不許可になります。

さらに合名で立ち上げた会社、合資で立ち上げた会社のメンバーおよび株式の企業、有限形式の会社の取締担当役、監査役員の場合は退任要因とされてしまいます。

・住宅ローンやクレジットを活用することができなくなります。

加えて、破産管財人事例のときは下記の制限も加わります。

・家財を維持、譲渡できなくなります。

・破産管財人や貸主集会の要求を受けて必要十分な回答をしなければなりません。

・裁判官の許しをもらわずに住処の変転や旅行をすることができません。

・裁判所が必要であると許すケースには体を確保されるケースもありえます。

・郵便は破産管財をする人に配達されることになり破産管財人は届けられた送付物を開けてもよいことになっています。

他の不便性に関する一般人に誤解されがちな点を列挙形式にしておきました。

1戸籍また住民データには記入されません。

2会社は破産したことを理由として辞職をせまることはできないです。

※当人から告白しないかぎり他人に気づかれることはありません。

3選挙権や被選挙の権利などの公民権はそのままです。

4保証役になっていないなら、近親者には支払い義務などは認められません。

5必要最小限の毎日の生活に欠かせない家財一式(パソコン、テレビなどを含む)服などは差し押さえられないです。

破産人の損失についてあげました。

破産の申し立てをしたら返済義務は帳消しになるかもしれませんが今まで挙げたような損失が避けられません。

検討する上で、利益も困難ちゃんと熟慮した方がよいでしょう。


コメントする